ピアノ教室リンクサイト−全国のピアノ教室を検索できます

2006年06月28日

電子ピアノの魅力

価格の安さ(数万円〜。アコースティックピアノは30万円以上します。)
重量の軽さ(アコースティックピアノの場合200〜300sはあります。)
消音効果(ヘッドホンが使えるので、時間を気にせず練習できます。マンション等で、ピアノの音が近隣に迷惑にならないか心配、という方にはおススメです。)
調律が不要

電子ピアノの問題点

・電子ピアノの音は、アコースティックピアノの音をデジタル録音したものを再生しているので、誰が弾いても同じ音が出ます。なので、タッチの違いによる弾き分けという、ピアノの基本的なテクニックは全く習得できません。
クラシックのピアノを本格的に習おうとお考えの方は、中古でもアコースティックピアノの購入を検討したほうがいいようです。

・アコースティックピアノに比べて、耐用年数が短い。

電子ピアノの選び方

予算
数万円から、高いものは50万以上のものまであります。これからピアノを始める方は、数万円から10万円くらいのモデルがおススメです。

大きさや重さ
どっしりとした本格派の据え置き型や軽量のスタイリッシュタイプがあります。部屋から部屋など持ち運ぶのなら、10sまでにしましょう。

ペダル
気軽に使うなら、ダンパーペダル(鍵盤から指を離しても、このペダルを踏んでいる間は弾いた音が長く響く。)1本あれば十分ですが、クラシックを弾くならグランドピアノと同じ標準3本ペダルのものを。

鍵盤
アコースティックピアノと同じ88鍵のものが良いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。