ピアノ教室リンクサイト−全国のピアノ教室を検索できます

2005年12月19日

ピアノの取り扱いについて注意すること

・ビニール加工してある表紙の本やノート、教材プラスチック製の消しゴム、おもちゃなどは、外装を傷める恐れがあるので、ピアノの上に置かないようにしましょう

・ガラス製品は、共鳴して、雑音の原因になるので、ピアノの上に置かないようにしましょう。

・鍵盤の隙間に鉛筆の芯やヘアピンなどを落とさないようにしましょう。鍵盤が動かなくなることがあります。

ピアノの調律について

良い音を維持するためには、定期的に調律が必要です。

なぜなら・・・

ピアノに使われている天然素材や木材は、温度・湿度の影響を受けて劣化します。
また、精密に組まれたパーツも疲労・消耗し、本来の機能を果たさなくなってしまいます。

ピアノの弦は、1本平均90キロという強い力で張られているため、たとえ弾かなくても、
時間とともに次第に伸びていき、音程が乱れてきます。


調律には3つの作業があります。
 整調・・・タッチや弾きごごちを整えます。
 調律・・・音程を合わせます。
 整音・・・音量や音色、全体の音のバランスを整えます。

少なくとも1年に1度は調律をしましょう。

ピアノのお手入れ

塗装面・・・表面についたほこりは、ピアノ用の羽毛や柔らかな布で軽くはらいましょう
      
   市販の化学雑巾や外装手入れ剤は成分が分からないので、使用を避けましょう。


鍵盤・・・ 柔らかな布(塗装面用とは別の布)でから拭きしましょう。
      
    目立つ汚れは、中性洗剤を薄くしみ込ませた布を固くしぼって、拭き取りましょう。
    アルコール類は使わないようにしましょう。

    汚れた手で弾かないようにしましょう。

ピアノにとって最適な環境

ピアノにとって理想的な室内環境は、温度16℃〜20℃湿度50〜60%です。

温度の変化の少ない環境が適しています。暖房機をピアノに向けないようにしましょう。
部屋は徐々に適温にしていくようにして、急激な温度・湿度変化をさせないようにしましょう。


温度・湿度が高くなると・・・木やフェルト、金属の部分に影響が出て、音が出にくくなったり、
             こもったり、鍵盤が下がったままになったり、金属部分にサビが
             出やすくなったりします。

乾燥しすぎると・・・木の部分に影響が出て、弾くと軋むような雑音や、ビリビリという雑音が
          聞こえたり、音程が乱れたりします。

これらを防ぐためには・・・雨の日、夜間などは窓を閉め、ピアノの蓋も閉めましょう。

            晴れた日には窓を開けて風通しを良くしましょう。

            除湿機や加湿器を利用して、湿度を調節しましょう。

            観葉植物を置くものお勧めです。



2005年12月18日

ピアノの置き場所について

・直射日光が当たらない所で、壁や窓、サッシから離して余裕を持って置きましょう。
・できるだけ安定性の良い場所に置きましょう。
・なるべく隣家に面していない部屋に置きましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。